【シャドバ】自然ビショップとドロシーウィッチ対策に守護ロイヤルデッキを作った結果

こんにちは、木こりです。

最近シャドウバースをやっていてよくあたるデッキに、自然ビショップというものがあります。
エイラビショップと合わせるともう2回に1回はビショップと戦っているような気がしますね。

そしてそれと同じくらいドロシーウィッチにあたっている感じです。

ドロシーウィッチは豪風リノデッキに匹敵するほどの早さと安定性を備えた優秀なデッキで、私も結構な確率で負けちゃっています。

そこで私はドロシーウィッチ対策として
「とりあえず守ればいいんじゃない?」
的な安易な考えで守護ロイヤルデッキを作りました。

そう、今回紹介するのは相手の攻撃を正面から全て受け止めるのを目的として力技デッキになります。

小細工はありません。
ただひたすら相手の攻撃を体1つで全て受け止めるだけです。

守護フォロワーで固めたデッキ

ほぼフォロワー

見て頂くとすぐに分かると思いますが、単純にほぼ守護を持ったフォロワーだけで固めたデッキです。

基本的にはロイヤルフォロワーを多く採用していますが、手札事故を出来るだけ防ぐためにエンハンス効果を持つ「堅牢なる天使」「ゴブリンマウントオーガ」も採用しています。
そして他にも4コストアクセラレートで2/1守護を2体出せる「大鎧のミノタウロス」なんかも入れました。

5コストの「円卓会議」も3コスト守護フォロワーを並べるのに便利ですし、何気にデッキ圧縮にも役立っています。
それにウィッチ相手には強力な守護1体よりも、そこそこの守護複数を並べる方が効果的ですね。

ロイヤルのカードにおいても、「ホーリーナイトベア」「ドラゴンナイツ」といったエンハンスを持つカードも採用して、どのコストにおいても隙なく守護フォロワーを並べることを可能としています。

特に要は「ホワイトパラディン」です。

ドロシー相手だと盤面を満タンにすることは比較的簡単

ドロシーウィッチはフォロワーを並べて一気に畳みかけてくることは分かっているため、そのカウンターとして「ホワイトパラディン」の進化効果で守護フォロワーを並べて時間を稼ぎます。

あとは6コストの「ダークセイバー・メリッサ」も相手の能力で選択出来ない能力を生かして、ウィッチ得意のスペルカードによる攻撃を防ぎます。

デザイン違いも含めて何故か3枚持っていたので採用

でもこのデッキで守備力が一番強いのはやはり「栄光のフロントガードジェネラル」です。

完璧に上位互換ですよね

相手の能力で選択出来ない能力を持ちつつ、ラストワードでまた守護フォロワーを出せるのが強く、完全に「フロントガードジェネラル」の上位互換版ですね。

私は手持ちのカードだけでこのデッキを作ったため、可能であればこの「栄光のフロントガードジェネラル」を3枚入れたかったところです。
その代わりにドロシーウィッチ相手には効果が薄い「不滅の英雄・ローラン」と旧式の「フロントガードジェネラル」を減らしますかね。

4コストの「ミラージュディフェンサー」もスタッツの高い「王たる光・ベイリオン」に差し替えて、5コストも「ロイヤルセイバー・オーレリア」をMaxまで入れたいところです。

攻撃面に関してキーカードとなるものはほとんどなく、単純に守護フォロワーで守りながら相手リーダーにチクチクダメージを与えていきます。

先行の序盤か、もしくは守護を複数並べた状態で「静かなる炎将・マーズ」をだせばこちらのフォロワーを強化していくことが可能です。
相手にしても厄介な存在なので真っ先に狙われる可能性は高く、注目を集めるという意味では守護のような役割も果たします。

「ドラゴンナイツ」を8コストのエンハンスとして使用すれば、強力な効果を持ったフォロワーを2体同時に出せるため、このカードで勝負が決まることも多いです。

ドロシーウィッチにはまぁまぁ対処される

そして肝心なドロシーウィッチとの戦績ですが、既に皆さんお気付きの通りあまり良くはありません。

相手の手札がスペルブーストでぶん回っており、ドロシーもうまいタイミングで使われたりすると、こちらの守護がどんどん減らされてしまいます。

「ホワイトパラディン」の進化を使ってこちらの守護を並べるのは強力ですが、相手の場のフォロワーが多いということは、それだけ既に顔面にダメージを喰らっているということなので、ピンチな状況には変わりありません。

相手の手札の回転は早いため、基本的に後半は手札数でだいぶ不利な状況になります。

ただしドロシーウィッチにおけるフォロワーは疾走を持っている分、スタッツはそんなに高くは無いため、量より質で勝るこちらの守護フォロワーにバンバンぶち当たってくれれば、次第に相手の手札も少なくなってくるんですね。

あとはこちらの高コスト守護フォロワーを並べていけば相手も絶望するでしょう。

自然ビショップには善戦する

そしてドロシーウィッチ対策で作り始めたこのデッキでしたが、意外にも最近流行の自然ビショップとの相性は悪くありません。

というのも、自然ビショップのダメージソースも基本的にはフォロワーによるものなので、しっかりと守護を置いておけばリーダーにダメージが通ることを防げます。

ドロシーウィッチと同じように自然ビショップもアミュレットから出てくる疾走フォロワーの速さを強みとしたデッキですので、アミュレットから出てくるフォロワーは総じてスタッツは低めです。

注意すべきは「報復の白き刃・アニエス」「飢餓の輝き」による疾走大ダメージコンボですが、こちらもしっかりと守護を張っておけば相手もなかなか攻撃のタイミングには困ると思います。

自然ビショップと呼ばれる所以

そしてもう1点注意しておくべきポイントは相手のフォロワー除去手段です。

相手は「黄金都市」でアミュレットを速攻で破壊&発動してくるため、「詠唱・死の宣告」や「エクセスプリースト」といった対象を選ばずにランダムで除去するアミュレットカードをスペルカードのように即時発動させることができます。

これも結構な確率で飛んでくる

そのため、こちらの「ダークセイバー・メリッサ」や「栄光のフロントガードジェネラル」に備わっている選択出来ない能力を無視して、確実にこちらの除去を行ってきます。

それに加えて、自然ビショップも「黄金都市」の効果でドローアミュレットをバンバン発動してきますので手札の回転が早く、こちらもすぐに手札数で不利な状況に陥るでしょう。

しかしここでも守護フォロワーで敵の疾走ユニットをしっかりガードし続ければやがて相手も手札が尽きてきますので、粘れば光が見えてきます。

本当はアミュレット破壊カードを使って相手の場の「黄金都市」を破壊するのが相手にもダメージがあって良いのかも知れませんが、最初にも説明しましたが今回のデッキのコンセプトは全て正面から受け切ることです。

エイラビショップには弱い

そしてまぁ予想できるとは思いますが、物凄いスタッツで正面から正々堂々とぶつかってくるエイラビショップには弱いです。

どれだけ守護を並べようが、エイラでどんどん成長するフォロワーにどんどん倒されていきますし、「ホワイトパラディン」で守護を横に並べようものなら、「聖弓の使い手・クルト」で一掃されてしまいます。

一応守護は豊富にあるデッキですので、すぐに勝負を決められることはありませんが、確実に不利な状況に陥ってしまうことが多いです。

ちなみに豪風リノデッキとあまりあたることはなかったのですが、今のところ戦績は五分五分くらいですかね。

どれだけ守っていても豪風リノにどんどん成長されて、2枚の豪風リノで守護破壊後に3枚目のリノをバウンスされて1ターンで倒されることはありました。

しかし豪風リノを使っている私は、守護を何枚も並べられることの厄介さをよく知っているため、こちらとしては楽しんでプレイできています。

まとめ

  • エンハンスやアクセラレートを駆使して絶え間なく守護を並べる
  • 守り続けて勝利が訪れることを祈るデッキ
  • ドロシーウィッチに有利は取れない
  • 自然ビショップなら少し有利がつく
  • エイラビショップには不利
  • 豪風リノには多分有利だが一発逆転はまぁまぁあり得る

元々はドロシーウィッチ対策で作ったデッキでしたが、正面からぶつかるこのデッキ以外にも、隠密フォロワーを育てて二刀流でフィニッシュするという隠密ロイヤルもまぁまぁ楽しいです。

でも実際のところ、私はエイラを持っていないので何とも想像でしか言えないのですが、実際エイラビショップがドロシーウィッチに有利なんじゃないかなぁと思っています。

というのも、守護フォロワー多めでスタッツも高めることが可能。
そしてソニアのような選択出来ない守護もいて、リーダーの回復手段も豊富にあるため、バーンデッキとしてはだいぶ辛いでしょう。

まぁこのデッキは強くはないですが、エイラビショップ以外ではまぁまぁ戦えるので個人的には好きです。

今度はちょっと違うタイプの自然ビショップ対策デッキを考えてみようかと思います。

それじゃあ、またなっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です