自己紹介

  • ファミコン・スーファミ世代の男
  • 平社員のサラリーマン
  • 仕事を楽しいと思ったことは一度もない残念な奴
  • 仕事が嫌すぎて過去に色々と副業に手を出した経験アリ
  • 2BRO.好き
  • 2BRO.の影響で自分もゲーム実況しようとマイクを購入
  • 実況するも「あっ」「はっ」しか発せない自分に絶望
  • ファミコンでよくプレイしていたのはロックマンシリーズ
  • ファミコンでドラクエやFFはプレイしなかった
  • 理由はわからない
  • 最初にプレイしたドラクエシリーズはスーファミのドラクエ5
  • ドラクエ6は発売日に並んで一万円で親に買ってもらった
  • スーファミソフトはとても高かったと思う
  • クロノトリガーは叔父に中古で買ってもらった
  • 友達の中古ソフトには最初から「にじ」があり羨ましかった
  • たまに友達とスーファミソフトの交換をすることもあった
  • ドラクエ5を貸したらセーブ消えて帰ってきて絶望
  • 友達のミュータントタートルズを無くして殴られた
  • 家で友達とゲームで遊ぶことはよくあった
  • 友達がヨッシーアイランドを持ってきた
  • 自分は下手で「下手くそ!」と友人に怒鳴られた
  • それを不憫に思った母が「ヨッシーアイランド買ったる」発言
  • ゲーム屋に行ったが結局買ったのはトルネコの大冒険
  • 後々、友達がよくプレイしにくる人気ソフトとなった
  • プレイ中に祖父がスーファミ本体に接触することもあった
  • 当然プレイ中のゲームはバグって消える
  • その時の小学生とは思えぬ友人の微妙な顔は忘れない
  • 「誰も悪くない、自然災害のようなものだ」
  • みんなそう思いきかせていたのであろう
  • 小4でプレステを買ってもらった
  • 一番最初にプレイしたのはバイオハザード
  • 怖さと難しさで途中で断念
  • のちにプロアクションプレイを使ってクリアする
  • 弾無限と体力無限で余裕である
  • しかし、それでも怖かったのでB’zを掛けながらプレイ
  • その後、B’zを聴くと怖くなるという謎の現象発生
  • どこにでも金回りの良い友達はいるものだ
  • 大抵の最新ゲーム機は揃っている
  • そういう友達の家に64をするために毎日通っていたこともある
  • スマブラはその代表格だ
  • 説明するまでもない名作で、小学生〜大学生まで楽しめた
  • ゲームを中々買ってもらえない友達も当然いた
  • しかし珍しく何かゲーム機本体を買ってもらえることになった
  • 友達が選んだのはバーチャルボーイ
  • プレイする姿勢も辛いし、画面も赤くて目が疲れる
  • 「こいつ、ミスったな」私はそう思った