【シャドバ】対策甘めのエイラビショップは豪風リノエルフで勝ちやすい?

こんにちは、木こりです。

私はアンリミテッドのランクマッチばかりしているのですが、「黄金都市」の修正が入ってからは予想通り自然ビショップはめっきり見なくなり、エイラビショップとドロシーウィッチばかりになったような気がします。

そしてふと気付いたんですが、豪風リノエルフも知らない間に減っちゃいましたね。
それも10回に1回当たるかどうかってくらいに。

その感覚はGameWithさんのアンリミテッド最強ランキングの集計結果を見てもよく分かるように、皆さんの投票でもドロシーウィッチとエイラビショップで7割以上を占めていました。

参照元:https://shadowverse.gamewith.jp/article/show/22277

最近は変なデッキばかりを考えては実戦で試していたので、負け試合ばかりだったのですが、久々に豪風リノを使ってみると面白いように勝てるではありませんか。

まぁ単純に豪風リノが強いというのもありますが、周りのデッキの豪風リノデッキへの対策が緩くなっているような気もします。

使うのは一般的な豪風リノデッキ

普通の豪風リノデッキ

最近私が使用している豪風リノデッキです。

恐らく多くの人が使っている型と同じような何の変哲もないデッキですが、これだけでまぁまぁ普通に勝てます。

ちょっと前まではフォロワーを4枚しか含めていないデッキを使っていましたが、場にフォロワーやアミュレットをあまり出さないドロシーウィッチとは相性があまり良くありませんでした。

シャドウバース 豪風リノセウス対策まとめ

2019年8月9日

自然ビショップが流行っていた時の名残か「虹の輝き」をたくさん入れたままにしているドロシーウィッチが多いようで、手札に戻してもらえるとありがたいカードが多い豪風リノデッキとしては大変助かります。

またドロシーウィッチもエイラビショップもダメージソースはフォロワーによる攻撃がメインとなるため、「機械樹の番人」や「エンシェントウルフ」などの守護持ちフォロワーは時間を稼ぐのに持ってこいです。

「眠れる妖精の森」も以前は「妖精の目覚め」をチョイスして豪風リノ対策として使用することが多かったのですが、「妖精の大あくび」をチョイスしてエイラビショップの大型フォロワーを止める作戦は今でも十分使えます。

何気にドロシーウィッチで出てきたフォロワーを足止めして、次ターンに受けるダメージを少なくするのも重要です。

見なくなった「神の盾・ブローディア」

今はもう見ない

エイラビショップのデッキの構成で、豪風リノへの対策が緩くなったなぁと感じるのは「神の盾・ブローディア」が居なくなったことです。

当時このフォロワーはとても厄介でした。

というのも、この能力は一時的なものではなくアミュレットが相手の場にいる間はずっと有効なため、相手のアミュレットを全除去しない限り1ターンで20点以上のダメージを叩き出すのが大変困難になるからです。

しかも終盤ではだいたい相手の場には「エイラの祈祷」が2枚あることも珍しくなく、それでなくとも「神の盾・ブローディア」自体も守護を持っています。

やっとのことで相手のアミュレットを除去したと思ってもスッと「黄金の鐘」を1枚置かれるだけでプランが崩壊していました。

そう言えば「希望の守護者・ソニア」も見なくなりましたね。
選択出来ない大型守護の除去手段は限られているので個人的には嫌っていましたが、これも豪風リノとしては助かります。

その代わりに「安息の領域」というカードを採用するエイラビショップが多くなりましたが、こちらはこのアミュレットを除去するだけで済みますし、最悪カウントダウンが終わるのを待てば良いだけです。
それに2コストですので「熾天使の剣」での除去も可能。

流行りのカード

ダメージカット量は増えましたが、効果を発揮するためには攻撃が出来ない条件付きですし、あちらに守護フォロワーが居てもこちらのフォロワーはそれを無視して3点までならダメージを稼げます。

もっと言うと、このカードが出ていても相手のフォロワーをスペルで除去したり、アミュレットで攻撃不能にすることは可能です。

こんな感じで、現在のエイラビショップはこちらの脅威となるカードが減りました。

取り敢えず相手の盤面を狭める

今までの私のエイラビショップ相手の戦い方としては、後半になって「神の盾・ブローディア」が出てくる可能性を考えて、無理やり「エイラの祈祷」を除去するような動きも選択肢にありました。

しかし先ほど説明したように、現在のエイラビショップに「神の盾・ブローディア」が含まれている可能性は低いために、もう「エイラの祈祷」の祈祷は無視して、むしろ相手にバンバンアミュレットを並べて盤面を狭くしてもらいましょう。

エイラ(フォロワー)を「妖精のいたずら」で戻せばだいたいこうなる

そうすることで相手が守護フォロワーを並べるスペースが確実に減ってきます。

こちらとしては大型守護を1体並べられるよりも、小さくても複数の守護を並べられる方が厄介なので、相手にどんどん「エイラの祈祷」を並べてもらって、守護を持たないフォロワーは敢えて放置でも良いでしょう。

以前よりも厄介なダメージカットの脅威が下がったために、終盤で相手に巨大なフォロワーを並べられたとしても、「妖精の大あくび」や「ざわめく森」、守護フォロワーや除去カードで時間を稼ぎつつ豪風リノのバウンスを重ねることで10点オーバー×2で大逆転が狙えます。

ですので、6,7ターンで早めに勝負を決めることが得意な豪風リノデッキですが、10ターン目くらいまでの長期戦も視野に入れて戦って勝てる機会が増えました。

ちなみにドロシーウィッチ相手だと、相手の手札が良い時はこちらの形が完成する前に勝負を決められることも相変わらず多いですが、豪風リノと同様にドロシーウィッチ側でも手札が良くない時はもちろんあります。

私も6ターン目まで豪風リノが手札に来なくて諦めかけた時もありましたが、あちらも同様に事故っていたようで、こちらの挽回が間に合った時があったくらいです。

まとめ

  • 今は普通の豪風リノが使いやすい環境
  • 「神の盾・ブローディア」や「希望の守護者・ソニア」が消えた
  • 相手が守護フォロワーを並べるスペースを潰していく
  • 長期戦で逆転が十分狙える
  • ドロシーはまだ強いが変なデッキで挑むよりかは勝ちやすい

個人的にはもう豪風リノデッキは飽きちゃっていたのですが、久々に連勝する楽しさを味わうにはやはり良いデッキに違いません。

もう少しデッキを詰めて、エイラビショップやドロシーウィッチ専用のデッキを作ってみたいものです。

それじゃあ、またなっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です