TEPPEN新カードThe Devils Awakenの厳選6枚

こんにちは、木こりです。

10/29にTEPPENの新カードパックThe Devils Awakenのカード情報がいくつか公開されました。

今回はその中でも個人的に
「これは強いなぁ〜」
と感じたカードをいくつか紹介したいと思います。

ちなみに赤レジェンドの「意志を継ぐ者アクセル」は、成長効果によって正面のユニットに変身する能力を持っており、更にプレイ時効果まで発揮させることが可能な珍しいユニットではありますが、今のところそんなに強力なプレイ時効果がないと思ったので今回の6選には入っておりません。

ホント私の好みだけで厳選させて頂いております。

キングケルベロス

参照元:https://teppenthegame.com/jp/update/2019/nero/

「キングケルベロス」は6コスト2/8というスタッツで、レベル4まで成長効果を持ったユニットです。

注目すべきはレベル4の「全ての敵ユニットに4ダメージ」という効果で、ユニットを横に並べるタイプのデッキにはよく刺さります。

プレイ時効果で盤面にダメージをばら撒くユニットカードが多く存在する赤デッキにおいて、場に出てから遅れて発動するタイプのばら撒きダメージのような感覚ですね。

HPも8と割と打たれ強いため、序盤に出してもダメージで除去されることは少なく、積極的にプレイしていけます。

「いぶき」や「レイレイ」の成長を狙う紫デッキ相手なんかは、序盤はお互いに読み合いで硬直することが多いですが、このケルベロスをポンと置いておけばかなりプレッシャーが掛かることは間違いありません。

というのも、1レベル成長するのに必要なグローポイントも2とかなり少ないため、レベル4までに必要な合計グローポイントは6。
ですので、極端な話2枚目のキングケルベロスを置くだけで一気にレベル4になって敵全体に4ダメージを与えることが可能です。

キングケルベロスの後に低ユニットを1枚出して、その後にバレッタなどのばら撒きダメージカードとセットで出すのも強そう…。

決してコストが軽いわけではありませんが、レジェンドでもないので3枚入れた赤単デッキが今後増えそうな気がします。

ゴッドカルマシーン・O・イナリー

参照元:https://teppenthegame.com/jp/update/2019/nero/

ついに緑デッキにも初期からヴェールを持ったユニットが登場しました。

しかも7コストで3/9というコスト相応のスタッツを持っているだけでなく、重貫通まで持っています。

重貫通は今まで春麗のヒーローアーツである「百裂脚」でしか付与が出来なかった能力で、攻撃によって敵ユニットを破壊した時に敵ヒーローにも同じダメージを与えるという強力な能力です。

このヴェールと重貫通が緑ユニットに揃ったということは、チャージショットエックスがかなり強力なデッキになります。

今まで初期からヴェールを持ったユニットは紫の「ディー」しか存在していませんでしたので、どうしても緑と紫の混合になっていました。

TEPPEN 緑紫チャージショットエックス(ヴェール&自動修復)考察

2019年9月30日

最大MPが5となっていたので、どうしてもMP的に不利な状況になることが多かったのですが、この「ゴッドカルマシーン・O・イナリー」の登場により、その悩みは解消されるということです。

しかも7コストとなったことで、4コスモリガンデッキの「ベルトウェイ」の対象とならないため、生存率も少し上がりました。

重貫通を持っているので、無理に空戦を付与せずとも「自動修復」や撃破能力を付与させることで敵ヒーローにダメージが通りますし、誰にも止められない大型ユニットとなることでしょう。

とはいっても対象がランダムの黒除去には相変わらず弱いままです。
あとはもう1つ、後で紹介しますが紫デッキにも強力なカードが入ったので、そちらで対応される可能性もあります。

とは言え、デッキ構築が楽しくなる良いカードが出てきたと思います。

ヘルアンテノラ

参照元:https://teppenthegame.com/jp/update/2019/nero/

パッと見、4コスト2/5のさえないユニットですが、「自身のダメージ時:ランダムな敵ユニット1体に自身の攻撃力分のダメージ」というのが絶妙に強いです。

自身のダメージ時ということは、敵ユニットが1体のみであればブロック時も攻撃時もそのユニットにダメージを与えられるので、ブロック1回+攻撃1回で合計8点ものダメージを叩き出せます。

それは7コストの「ティガレックス」相手でもタイマンで相打ち可能なほどの性能を持っているということです。

最大4/8ユニットまでならタイマンで相打ちが取れます。
ですので大概のユニットと相打ちが取れますが、4コスト最強スタッツ4/9の「ダイナモ」には惜しくも勝てません。

こいつ単体でもかなり強いユニットとなるだけでなく、これが4コストということなので、4コスモリガンに入ってくる候補となるのです。

そして4コスモリガンの「スペクター」によって3/6なんかに強化されちゃったらもう厄介ですね…。

アマツマガツチ

参照元:https://teppenthegame.com/jp/update/2019/nero/

8コスト2/8とコストの割にスタッツが低いのはその能力がとても強力だからです。

空戦を持つのはともかくとして、下記2つの能力がヤバイ

  • 攻撃時:ランダムな敵ユニット 1体を5秒間停止
  • 呼応:停止状態の全ての敵ユニットに5ダメージ

「闇を彷徨うリビドーモリガン」をだいぶ強化したようなユニットで、攻撃するだけでランダムなユニットを5秒間停止させることが可能なんですね。
しかも空戦を持っているためブロックもしにくいです。

しかしこの停止能力は敵ヒーローにダメージを与えずとも攻撃するだけで発動させることが出来るので、敵ユニットが1体だけであれば攻撃時はダメージを受けません。たぶん。

「えっ!?どゆこと?」
って思う方は一度既存のカード能力を想像して下さい。

赤デッキの「宿命に抗う者リュウ」の能力をイメージしてもらうと分かりやすいですが、そのリュウの「攻撃時:正面ユニットにこのバトル中に使用したアクション数分のダメージ」というのは、攻撃前に発動されますよね?
ですから威力が高いとリュウはずっとノーダメージです。

この発想で「アマツマガツチ」の停止能力を考えると、敵空戦ユニットが正面の1体だけであれば例えブロックされたとしても、停止後に攻撃を行う訳ですからノーダメージで一方的に攻撃を与えることが出来ます。たぶん。

しかも停止状態の敵に呼応効果で5ダメージを与えるというのもかなり強く、モリガンのヒーローアーツである「テンプテーション」とも相性が良いですね。

コストが重いのが弱点ですが、下手するとこれ一枚で勝負が決まってしまうほどの力を持ったカードです。
ちなみにこれもレジェンドじゃないので3枚デッキに入れてもOK。

魂の帰還

参照元:https://teppenthegame.com/jp/update/2019/nero/

これは分かりやすい盤面全除去カードです。

先ほど紹介した「ゴッドカルマシーン・O・イナリー」のようなヴェール持ちのユニットであったり、撃破やチャージショットで育ちすぎた敵ユニットカードを全部デッキに戻しちゃうという緑にはたまったもんじゃないカード。

今あるアクションカードで言うと、黒の「死と生の歪み」に続く全体除去カードで、くしくもそのコストも同じです。

紫単色デッキであれば、相手の「死と生の歪み」で不利な状況に追い込まれたとしても、この「魂の帰還」で再び盤面をリセットできます。

相手の黒デッキにしてみれば、「偽りの王座」を使ったりしてせっかく墓地にためた強力なカードが全てデッキに戻っちゃうので正直キツイです。
それでなくても紫デッキは「フォーアイズ」で数少ない強力なユニットのコントロールを奪われて墓地にも送れない厳しい戦いになるのに…。

ウェスカーのウロボロスで「イビルジョー」が盤面に2枚出た状態とかで使用されるのも辛いでしょうね。

しかもレジェンドじゃないのでデッキに3枚入れることが可能という凶悪さ。

この「魂の帰還」の存在でまた環境も変わってきそうです。

禁断の果実

参照元:https://teppenthegame.com/jp/update/2019/nero/

私が個人的に気に入った唯一のレジェンドカード。

効果はユニットの攻撃力を+3するだけでなく、3回までであればユニットの代わりに味方ヒーローの顔面でダメージを受けてくれるというもの。

私がこのカードを気に入った理由としては、空戦ユニットを中心とした黒デッキにぴったりだなぁと思ったからです。

TEPPEN アグロ空戦ネルギガンテ考察

2019年9月13日

例えば3コスト3/2の「ロレント」なんか、ほとんどのユニットに一撃でやられてしまうほどの体力なのですが、攻撃力は高く、空戦も持っているので攻めは強いんです。

黒属性の攻撃力UPのカードには「血の宿命」といった強力なカードはすでにあるのですが、ユニットが破壊された時に攻撃力分のダメージが味方ヒーローに入ってしまうというデメリットが大きすぎて、私も今まで対戦で使っている人を見たことがありません。

それに比べて「禁断の果実」は味方ヒーローがダメージを肩代わりするだけなので、除去カードで破壊されるだけでは何のデメリットもないわけです。

バフをかける攻撃力も+3と高いですし、上手く空戦などの攻撃を通しやすいユニットに付与することで敵ヒーローのHPをガッツリ削れそうですね。

しかし、リュウの「真空波動拳」などユニットに大ダメージを与える攻撃をくらってしまうとピンチに陥ってしまいます。
他にも「イビルジョー」とか対面に出されちゃったら3発で終わり(笑)

「禁断の果実」を付与したユニットが一時的にヒーローとして場を敵の方に自分から近づいて行っているようなイメージですから面白いです。

ということで、何か色々な可能性を感じて私はオススメしました。

それじゃあ、またなっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です