Switchでスーファミを遊ぶ方法と遊んだ感想

こんにちは、木こりです。

Switchで昔のレトロゲームが楽しめるNintendo Switch Onlineにおいて、ついにスーパーファミコンのソフトが追加されました。

そこで今回は、Switchでスーファミをプレイした感想を記事にしたいと思います。

加入者は無料ダウンロードが可能

まず遊び方からの説明になりますが、Switchでスーファミを遊ぶためにはNintendo Switch Onlineに加入している必要があります。

Nintendo Switch Onlineへの加入方法については公式サイトで丁寧に説明されておりますので、そちらをご覧下さいませ。

ちなみに個人だと12ヶ月間の利用券で2400円必要になりますが、1ヶ月利用券が300円ですので12ヶ月間の方を購入することをオススメします(年間1200円もお得ですので)。
ちなみにPS Plusと比べると年間費用は倍以上安いですね。

そして加入者になると、Switchのニンテンドーeショップから無料でダウンロード出来るようになります

これでいつでもどこでもスーファミがプレイ可能です

ダウンロードが終われば直ぐに遊べます。

遊べるスーファミソフトのタイトルは2019/9/6に配信された時点で20タイトル。
追加は不定期のようです。

  • F-ZERO
  • カービィボウル
  • スーパーE.D.F
  • スーパーファミリーテニス
  • スーパーフォーメーションサッカー
  • す〜ぱ〜ぷよぷよ通
  • スーパーマリオカート
  • スーパーマリオワールド
  • スーパーマリオ ヨッシーアイランド
  • スーパーメトロイド
  • スターフォックス
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース
  • 戦え原始人3 主役はやっぱりJOE&MAC
  • デモンズブレイゾン 魔界村 紋章編
  • 超魔界村
  • パイロットウィングス
  • ブレスオブファイア 竜の戦士
  • 星のカービィ3
  • ラッシング・ビート乱 複製都市
  • ワイルドトラックス

アクションゲームが多めでドラクエのようなガッツリRPGは現時点では無いので、これから追加されることを期待します。

巻き戻し機能が便利すぎてヤバイ

今回私が一番惹かれたシステムが「巻き戻し」という超便利な機能です。

まずは下記の動画をご覧下さい。

超魔界村と相性が良すぎるシステム

このように、
「今ところミスったからやり直したいっ!」
と思ったその瞬間、いつでもゲームを巻き戻してやり直すことが可能なんです。

これ、凄くないですか?

戻せるのは大体1秒単位で1分弱くらい前まで遡れました。

このシステムのお陰で超魔界村のような難しいアクションゲームでも、実機では3面くらいまでしか到達したことが無かった私でさえ、スムーズに1時間くらいでクリア出来てしまいます(2周目は含んでいない)。

ですので、アクションゲームが苦手で今までプレイしてこなかった方でも十分に楽しめることが出来る嬉しいシステムなんですね。

ちなみにレトロフリークにおいてもクイックセーブ&ロードを使えばアクションゲームを簡単にクリアすることも可能なのですが、あちらは自分で
「ここで一旦セーブしておこう」
という任意でセーブする操作をしないといけないんですよね。

それがエスカレートすると頻繁にゲームを止めてクイックセーブを行うという過度な保険をかけまくる状態になります。
それってちょっと興ざめするというか、罪悪感も少し生まれてくるんですよね。

それに対してこの巻き戻しシステムは、「どこかにセーブして保険を掛けておく」というよりかは「行けるところまで自分の力で頑張る。ダメなら納得できる場面からやり直す」という考えにさせてくれます。

人によっちゃあ
「いやどっちでも一緒だ!ズルすんな!」
というかも知れませんが、そういう人は使わなければ良いだけです。
遊ぶ人の選択肢が増えたと思えば素晴らしいことだと思います。

また、
「今日はこの辺でゲームをやめたいなぁ」
っていう人のために通常のセーブ&ロードも使えます。

いつでも、どこでもセーブ可能

レトロフリークを使った感想まとめ

2019年8月10日

ローカルでもオンラインでも2人で遊べる

今回追加されたスーファミソフトは2人で遊べるものが多く採用されており、1人でじっくりプレイするのも良いですが、2人でワイワイ遊ぶと楽しいですよね。

しかもローカルでもオンラインでも一緒に遊べちゃうんです。

2人で遊ぶ方法ですが、下記のようにゲーム中に画面左の項目を変更します。

まずはSwitchを持っている友達を作るところからですけどね

「ふたりで遊ぶ」はローカルでコントローラーをおすそ分けして、1つの画面で一緒に遊びます。
イメージとしては昔実際に友達の家で遊んでいた状況と同じです。

そして「オンラインで遊ぶ」は一緒の場所にいなくても、離れた場所同士でも一緒に1つのゲームをプレイ出来ます。

今では大体のゲームに取り入れられているゲームシステムですが、スーファミ世代だった私のような昭和ゲームプレイヤーにとっては、スーファミソフトが離れていても一緒に遊べるというのは夢の極みです。

フレンドと待ち合わせをしている場合は、「遊びながら待つ」という選択もあります。

そしてフレンドがオンラインになったら通知が来るので、そこからは好きなタイトルを一緒に遊びましょう。

一番右はベガ?
自分がプレイしてこなかったタイトルは多かったです。

ちなみにローカルで2人で遊ぶ時はまぁ昔と同じなのですが、オンラインで遊ぶ時の画面はどうなっているのか気になったので確認しました。

例えば、マリオカートにおける2人プレイ。

通常であれば画面を分割して、1つの画面に2人分のゲーム画面が見えている状態ですが、オンラインだとどうでしょう?

正解は、オンラインでも同じで下記のようにお互い分割した画面を見ています。

懐かしのバトルゲーム

厳密には、片方のプレイヤーが操作可能なホストのような状態になって、そこにもう片方のプレイヤーが遊びに来るような操作感になっています。

片方のプレイヤーが友達の家のゲーム画面を離れた位置で見ていて、2Pの操作が出来るような感じですね。

ちなみにこの操作権限は相手に渡すことも可能です。

まとめ

  • Nintendo Switch Onlineに加入していれば無料で遊べる
  • 最初に追加されたのは20タイトルのソフト
  • 巻き戻し機能が優秀でアクションゲームが苦手な人でも楽しめる
  • 通常のセーブとロードもいつでも可能
  • ローカルでもオンラインでも協力&対戦プレイが可能
  • オンラインプレイでも画面が特別変わることはない

今までNintendo Switch Onlineではファミコンソフトが追加されていくばかりだったので、スーファミど真ん中世代の私が楽しめるのはいつになるのかなぁっと思っていたところにバンっとこれが追加されました。

Nintendo Switch Online加入者無料のサービスにしては、かなり良い内容だと個人的には思います。
自分のお気に入りのソフトがタイトルにあれば、Switchを持っていない人でも本体から購入しちゃいそうですよね。

ただしまだまだタイトル数が少ないので、これからを期待しています。

それじゃあ、またなっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。