今からMOTHER2と3を遊ぶ方法まとめ

こんばんは!木こりです。

突然ですが、MOTHER2MOTHER3をやりたくありませんか?
私は今更ですがプレイしてみたい衝動に駆られています。

ちなみに私は世代でしたが何故かプレイすることはありませんでした。
友達の家に遊びに行った時に横で見ていた程度で、後はキムタクがCMに出演したこととかも記憶に残っています。

急にMOTHERシリーズをプレイしたくなった理由は2つ。

  • 勇者ああああの企画で紹介されたこと
  • Undertaleが影響を受けた作品であること

特に1つ目の番組の影響が個人的には大きいです。(あの有名なプレゼン企画でMOTHER3が紹介されているのを見ました)
ちなみにUndertaleはかなり遅れてプレイしましたが、めちゃめちゃ面白かった。

UNDERTALEをオススメしたい5つの理由(ネタバレ無し)

2019年5月2日

とにかく、「どうすればプレイできるのか?」について調べた内容をこの記事に残しておこうと思います。

実機かバーチャルコンソールか

MOTHER2とMOTHER3をプレイする方法は大きく分けて2つ

  • SFCやGBAの実機でソフトを購入して遊ぶ
  • 任天堂のバーチャルコンソールで遊ぶ

こんな感じになります。

ちなみにニンテンドークラシックミニ(SFC)で遊ぶという選択肢が浮かんだ方もおられるかも知れませんが、残念ながらMOTHER2とMOTHER3のどちらも収録されていません。

皆さんが一番気になるのは「お金がいくら掛かるのか?」ということだと思います。
そしてこの答えとしては、「今持っているゲーム機は何か?」によってだいぶ変わるんですよね。

下記の表は、MOTHER2と3それぞれをプレイ可能なゲーム機本体をまとめたものです。


MOTHER 2MOTHER 3
SFC×
GBA×
3DS(バーチャルコンソール)×
Wii U(バーチャルコンソール)

まず上記のゲーム機が無ければゲームを遊ぶことが出来ません。
「Switchでプレイ出来ないの?」
という疑問をお持ちの方、残念ながら今のところSwitchではプレイ出来ないんですよね。これは本当に残念です。

今だに現役バリバリのSFCやGBAを持っている方は少ないと思うので、実際には3DSかWiiUを持っているかが分かれ道になります。

今はもう廃盤となってしまったWiiUをお持ちの方はラッキーなことにMOTHER2も3もバーチャルコンソールでプレイすることが可能です。
しかもバーチャルコンソールだとソフトは1つあたり数百円という安さ。
初代MOTHERもラインナップに入っています。

昔のスーファミソフトの値段に比べれば今はもう良心的な価格で手に入ります

大きいテレビでゆっくりプレイできる点を加味しても、WiiUでプレイすることが一番オススメですね。

本体購入なら中古WiiU

「じゃあゲーム機を持ってない人はどうしたらいいの?」
っていう方は素直にゲーム機本体を買うしかありません。

安さだけを求めるなら、SFCに関して言えば5000円くらいで売っている非正規の商品もあるのですが、口コミも様々で購入して1ヶ月で動かなくなってしまったという話もあります。それはちょっと嫌ですよね・・・。

昔のスーファミに比べれば安いけど、ちょっと不安な気もする・・・

流石にGBAは中古を購入することになると思いますが、こちらも結構古い機種になるので「動作確認済み」と書かれていても正直不安です。

そしてゲームソフト自体の購入も必要なのですが、昔のゲームソフトは名作だと中古でもまぁまぁいい値段で売っていたりするので、バーチャルコンソールと比べても価格が高い傾向にあります。(特にGBAのMOTHER3はソフトだけの中古価格でも4000円近くします)

Amazonの中古ゲームで「可」は箱無しのソフトだけがほとんどです。

安さ重視でそれぞれのゲーム機本体と中古ゲームソフトを揃えた場合でも13000円くらいは掛かるんじゃないでしょうか・・・。

それであれば中古のWiiUを購入し、バーチャルコンソールでソフトを揃えた方が10000円程で揃えることができるのでお得かと思います。
(ただし中古品は欠品がある商品もあるので、Amazonであれば「良」以上のものを購入することをオススメします)

中古と言ってもSFCやGBAに比べるとまだ新しいし、なんなら新品もまだ売りに出てる

レトロフリークという夢もある

もしお金に余裕があって、MOTHER2やMOTHER3以外にもレトロゲームをやる機会がある。
もっと言うと「昔のソフトをまだ持ってるよ」という私のような方にはレトロフリークをオススメしたい。

決して安い価格ではありませんが、ほとんどのレトロゲームをプレイ可能なんです。

  • ファミリーコンピューター(FC)
  • スーパーファミコン(SFC)
  • Super Nintendo Entertainment System(SNES)
  • ゲームボーイ(GB)
  • ゲームボーイアドバンス(GBA)
  • メガドライブ(MD)
  • GENESIS(GEN)
  • PCエンジン(PCE)
  • TurboGrafx-16(TG-16)
  • PCエンジン スーパーグラフィックス(SGX)

ちゃんとMOTHER2のSFCも、MOTHER3のGBAもしっかりカバーしてくれています。

しかも一度ソフトを読み込ませるだけで、次回からはソフトを本体にわざわざ差さなくてもゲームをプレイできるという夢のマシンなんです。
(MicroSDカードは必要ですが、SFCくらいなら1つのソフトの読み込み速度は2〜3秒くらいの速さ。これ以降ソフトは必要ありません)

「一度読み込ませてしまえばソフトは要らない?」
「それじゃあ中古で買って中古で売れば・・・」

「取り敢えず少年時代のゲーム仲間に電話しまくって・・・」
夢は膨らむばかりですね。

そしてゲームソフトを読み込ませるカートリッジアダプターを外せば、驚くほど小さいです。
要するに、ゲームソフトを読み込ませたら、その小さいサイズの本体と配線類・コントローラーさえ持っているだけでどこでもゲームOKということなんですね。(モニターと電源は要ります)

何十個というソフトが入ってこれですよ!?旦那!

もひとつオマケに「いつでもセーブ出来る」という機能もありますが、使い方によってはデメリットにもなりますのでご注意を。

まとめ

  • WiiUを持っていればバーチャルコンソールで安くプレイ可能
  • 本体から揃える場合も中古WiiUがオススメ
  • お金に余裕があるならレトロフリークで夢を買おう

といった感じで途中から少し趣旨がズレてしまった気がしますが、ともかくMOTHER2とMOTHER3をプレイするなら上記の方法を検討してみて下さい。

ちなみに私は押し入れにWiiUが眠っているので、それを活用すれば安く済ませることも出来ますが、中古ソフトをレトロフリークに差し込みたい気持ちも少なからずあります。。。

それじゃあ、またなっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です