タウンズメン 「祝祭の年」攻略

こんばんは!木こりです。

今回紹介するのはタウンズメンのシナリオモード終盤ステージである「祝祭の年」の攻略情報です。
こちらも例に漏れずゲームオーバーとなった私の経験に基づいた記事になっております・・・。

4つの季節を制限時間内にクリア

今回のステージは大きく分けて4つのフェイズ(季節)に沿ってクエストが進んで行きます。
それぞれの季節毎に複数のクエストが発生し、それら全てを次の季節が来るまでにクリアしないとゲームオーバーという仕組みです。
つまり制限時間と4回も戦わなくてはなりません。

季節は春から始まり、催事会場を作るクエストから始まります。

私がゲームオーバーになったのは夏でしたが、そうなった理由はこの春を上手く生かせなかったからです。
このステージをクリアするポイントは、その季節毎の制限時間を最大限に活用すること。(制限時間ギリギリまで使うということ)

このステージを普通にプレイするだけで、恐らく多くの方は春のクエストを余裕を持ってクリアすることができると思います。
でも初見だとよく分からないまま最終クエストの報酬をもらってしまい、そのまま制限時間を多く残したまま夏のクエストへ飛ばされるんですよね。
(私も初回はこれで春の多くの時間を幻にしちゃいました。。。)
そして夏に散るのです。

この「祝祭」という同じ名前で春夏秋冬クリア時に出てきますので、これが出てきたら時間いっぱいまで次の季節を準備しておきましょう。

ですので、このステージのポイントをもう一度言っておきます。
「季節のクエストを全て終えても祝祭の報酬はギリギリまで受け取るな」
です。

と言ってもクエストの報酬を「受け取る」を選択してから数十秒はディレイがあるようなので、本当にギリギリでクリアさせると制限時間内に間に合わない可能性がありますので、遅くとも30秒前には進んじゃった方がいいかも知れません。

春、夏の準備を

春は正直これといった難しいクエストはないので、先程にも少し述べましたが普通にプレイしていれば普通にクリアできます。

なのでこの季節は余った時間で夏の準備をしておくことがとても重要です。

私なんかは催事会場を建設した後に、とりあえず建物の基本となる厚板をたくさん生産できるように製材所を作りました。
また食糧供給に関しても、早めに肉の安定供給を目指していたので養豚場と肉の作業場も春の間に作っちゃいました。

そしてここから先は夏の準備です。
井戸を2つ、火の見やぐらを2つ建てておきましょう。
そうしておくことで夏のクエストをスムーズに進めることが出来ます。

春の注意点です。
「パンを蓄える」というクエストが夏の最終クエストですが、このためだけに風車を残したり、パン屋を建設する必要はありません。
なぜなら生産せずとも行商人から購入するだけでOKだからです。

なにせ豚肉の生産と比較すると効率が悪いし木材も消費するし、ちょこっと生産して夏に置いておこうにも住民が勝手に食べちゃいますので保存も出来ません。

しかし冬の最終クエストで10個必要となる小麦粉のために、10個貯まるまで風車を動かしてから撤去するのはアリだと思います。
小麦粉のままだと住民も食べないので(笑)

夏、パンを買うタイミング

春にきちんと準備さえ出来ていれば、夏に苦労することは特にないと思います。

ちなみに夏のクエストは下記のような感じです。

  • ビール5個生産(市場で購入は不可)
  • 火事2つを消化
  • 井戸を3つ建てる(1つは初期から有り)
  • 小麦を30個生産(市場で購入は不可)
  • パンを5つ蓄える(市場で購入もOK)

まずビール生産に関しては初期から乾燥所だけ配置されているので、修道院をその近くに建設するだけでOKです。(余裕があればこれも春のうちに済ませておくとだいぶ楽)
井戸もこの近くに作ってあげるとGoodでしょう。

火事は街の東側と西側で同時に発生するので、火の見やぐらも同様に東西分けて配置をするのが望ましいです。

そして「小麦生産30個なんて余裕!」と思うかも知れませんが、井戸のクエストが完了するまでは干ばつ状態が続くんですよね。つまりその間は小麦は収穫石ません。
ですので井戸のクエストは早めに、可能であれば春のうちに準備しておくことを推奨します。

夏ラストのクエストであるパン5個集めですが、私は初回にこのクエストをクリアすることが出来ずにゲームオーバーとなってしまいました。
原因は春の残り時間を無駄にしてしまったこともありますが、行商人のタイミングによってはクリア出来ていたと思います。
どういうことかと言うと、クエストが発生した段階で行商人はちょうど街を離れたところ。次に行商人が訪れるよりも夏の終わりの方が早かったという、それだけの話なんですけどね。
要するに、パン無し状態でタイムリミットギリギリで「これがラストの行商人」というタイミングがあれば、そこで先にパンを買っておきましょう。

残り時間を僅か、そして行商人はもう現れないと知った瞬間に絶望しました・・・。

秋、装飾と娯楽

もう秋までくればこのステージ特有のタイムリミットの感覚に慣れたも同然。難しく感じるクエストはほとんどないと思います。
後はクエストを1つずつ進めていくだけです。

下記が秋の終わりまでにクリアしないといけないクエストになります。

  • デコレーション満足度100%
  • 手品小屋を1つ建設
  • ぶどうを50個生産(市場での購入は不可)
  • 住宅事情満足度90%

いきなり最初のクエストがデコレーションということに驚き、スタートが鈍ってしまうかも知れませんが、これまでのステージでもあった方法と同じように装飾を増やして上げればOK。
個人的には単価の低い生垣でケチケチと稼ぐのが好きですが、このステージで求められるのはスピード感なので資金があるなら像をパパッと配置させてサクッと終わらせましょう。
ただし初期のデコレーション満足度は30%程度なので、ある程度の出費は覚悟で。

デコレーションを上げることで税収アップにも繋がるので、こういうクエストは助かります。

まぁ唯一注意するべきは、ぶどう50個を生産のみで揃えなければいけない点ですかね。
まあまあな生産数ですので、うっかり人員の配置を忘れちゃったりなんかすると焦るでしょう。私もドキドキしました・・・。

冬、クエストの数多し

こう振り返ってみると気付いたことなんですが、夏・秋と比較すると冬に発生するクエストの数って多いんですね。(春に関してはメモ忘れで記録できず・・・)
しかし実際は下記のような感じでオプションクエストが2つ含まれますので、メインクエストの数でいうと大差ありません。

  • ぶどうジュース20個とハーブ15個の貢物(購入OK)
  • 金鉱石を15個生産(購入不可)
  • 1550ターレル税金を集める
  • 革15個と衣服10個の貢物(購入OK)
  • 小麦粉10個とぶどうジュース10個の貢物(購入OK)
  • (オプション)盗賊の野営地を1つ破壊
  • (オプション)倉庫を1つ建設して2人割り当てる

クリアしなければいけないメインクエスト5つの内、なんと3つが行商人からOKという簡単そうなクエストに思えますよね。
でもこれ最初のぶどうジュースのクエストを完了したあたりで行商人が来なくなります。盗賊に街を包囲されるためです。

つまりメインクエストをクリアするためのアイテムを生産だけで賄えないのであれば、オプションクエストである「盗賊の野営地の破壊」をクリアする必要があります。

ちなみに盗賊の野営地は、もともと配置されている乾燥所の近くに突然出現するのですが、距離的に街からとても近いので他のクエストの待ち時間に攻めちゃえばOKかと思います。
私の場合は4人分しか見張り等を建設していませんでしたが、意外とあっさり破壊出来ました。
得られるメリットと負けた場合のデメリットを天秤にかけても、取り敢えず攻めた方が得な気がします。なんせ近いので。

まぁこのステージをプレイする前、もしくはプレイしながらこの記事を読んでいる方で、しっかりと計画性がある方であれば、この冬までに必要なアイテムを全て生産で準備していると思うので、その場合は行商人いらずですね。

金鉱石の生産ばっかりは採掘所を新たに作って対応するしかありませんが特に難しい内容ではありません。

参考までにステージクリア時のキャプチャを乗せておきます。

診療所は余裕がある時にパパっと建てちゃいましたが、実際に使うことがなくてよかった。
橋増設はもう定番ですね

まとめ

正直、春の間に夏の準備さえしっかりしてしまえば、もうクリアしたも同然だと思います。

後半になればなるほど資金が貯まってくるので、ちょっとしたものでも行商人から購入して簡単に揃えることが可能になるんですよね。

重要なのは序盤です。
一番最初のクエストである催事会場と間違えて市場を建設した時点でリセットしましょう(←2回目プレイ時の私)。

それじゃあ、またなっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です