FFリマスター新機能を使ったクリア時間と感想

こんにちは、木こりです。

先日やっとFF8リマスター版をクリアしました。

私のリマスター版の遊び方としては、「バトル強化」、「エンカウントなし」、「3倍速」という全ての新機能をフルに使った状態で、必要最低限の戦闘しか行わないスタイルです。

一応GFは全て集めて、サブイベントも大体目を通したと思います。

これで掛かった時間は約20時間でした。

ちなみに私はアルティマニア(FF8の攻略本)を読みながら進めていましたので、初見でプレイする方はもう少し時間が掛かるかも知れません。
(初見だとGFのドローをし忘れたりすると思うので、その辺りに拘る人は初見でも予めチェックしておいた方がいいと思います)

レベル上げはしてこなかったのでスコールの最終レベルは17でした。
それでもFF8のシステム上これでも余裕でクリア可能です。

FF8リマスター版を更に快適にプレイする方法(初心者必見)

2019年9月26日

特にAP稼ぎなんてしていませんが、ボス戦や強制戦闘だけでもAPはめちゃくちゃ溜まります。

初期レベルクリアを目指す人にとっては何とも中途半端なレベルですが、強制戦闘を「カード」や「たべる」で処理してこなかったのと、GFオーディンも手に入れたので「斬鉄剣」も発動しちゃって、これくらい上がっちゃいました…。

あとは素材集めで多少経験値は入っちゃっています。
えっ!?何の素材集めかって?

グラシャラボラスに時間が掛かった

モルボルの触手に比べれば鉄パイプは余裕

GFの1つであるグラシャラボラスは「万能薬改」、「鉄パイプ」、「モルボルの触手」をそれぞれ6つ集めなくちゃいけません。

この「モルボルの触手」を手に入れるために戦う「モルボル」の「臭い息」が非常に厄介。
ステータス異常対策にジャンクションを考えて、いざ戦ってみても「混乱」への耐性が甘くて混乱してしまい「英雄の薬」なんか使っちゃって…。

この辺りのステータス異常に対しては「バトル強化」でも対応出来ません。

今思えば、混乱してもアイテムを使用されないように一時的にアビリティから「アイテム」を外しておくべきでした。

そして「万能薬改」も「薬レベルアップ」というアレクサンダーのアビリティが必要だったのですが覚えさせるのを忘れていたため、AP稼ぎのためにストーリーを進めてそのままラストダンジョンへ突入。

そしてAPが溜まって「薬レベルアップ」のアビリティも覚えて、あとは「ソロモンの指輪」を使うだけだと思ったところで、それぞれの材料を4つしか持っていない自分のミスに気付いて、慌ててラストダンジョンから出て、徒歩とチョコボで飛空挺まで辿り着いて…っていうので大きく時間をロスしました。

別にグラシャラボラスで絶対に必要なアビリティがあったわけではありませんが、何となくFF8のGF画面はコンプリートしておきたいという拘りがあったので…。

GF画面で歯抜けがあったらちょっと気持ち悪くありません?(笑)

ラストダンジョンでも優遇される機能

ラストダンジョンであるアルティミシア城では、主人公達のアビリティが全て封印されてしまいます。

その封印される項目の1つに「特殊技」も含まれているのですが、「バトル強化」の恩恵なのか、封印を解除しない状態でも最初のボス戦から特殊技をバンバン使えちゃいます。

最初の戦闘から特殊技が支えている図

他にも、オメガウェポン戦においても「メギド・フレイム」は9998固定ダメージですが、最大HPを9999にさえしておけばすぐに満タンまで回復するため実質ノーダメージです。

ただし最大HPを超えるダメージでは戦闘不能になってしまうので、オメガウェポンの「テラ・ブレイク」やラストバトルでの「ショック・ウェーブパルサー」には注意が必要です。
ちなみにラストダンジョン以外でもアルテマウェポンの「リヒト・ゾイレ」、ジャボテンダーの「針万本」には戦闘不能になっちゃいます。

3つの新機能も完璧ではありませんので、この辺りは把握しておいたほうが良いでしょう。

FF8リマスター新機能の注意点(特にバトル強化と3倍速)

2019年9月23日

あと1点、ラストダンジョンで気になった点ですが、礼拝堂のオルガンで押すボタンが4つに減っちゃっているんですね。(オリジナル版は8ボタン)

それで何度ボタンを同時押ししても水路への道が開かないので
「これバグかなぁ?ボタン少ないし」
と思って一度は諦めちゃいましたがバグではありません。

しっかり同時押しをすると開きました。
正直、失敗と成功の違いは自分でもよくわかりませんが、大切なことは根気よく何度もチャレンジして諦めないことでした。

ガーデン同士の戦いは激アツ

もうここから先はただの感想です。

私がFF8が好きな理由としてはゆったりした学園生活でのほほんとするところですが、ガーデン同士が衝突してわちゃわちゃしているシーンも好きなんですよね。

よく見ると魔法撃っている学生がいて面白い

こういった敵と味方の総力戦みたいなのが自分は好きです。

また下記のように学生ひとりひとりに兵種?のようなものが存在し、
「この人はこの人の持ち場があるんだなぁ」
っていうので色々と想像が広がっちゃいます。

そんな隊あるんか

他にも正面玄関に学生を集めている場面や、スコールが崖でピンチだったリノアを助けてからそのまま着陸し、ガルバディアガーデンの中を走り抜ける間の学生達が戦闘している背景なんかも激アツ。

また、このあたりとはちょっと違うタイプの個人的に感動をしたシーンが、サイファーと最終戦を行う前の風神のセリフですね。

良い友達を持ったな、サイファー

今まで漢字の単語しか発していなかったあの風神が、こんなちゃんとした言葉を話しちゃって、「あんた」なんか言っちゃって。
一度プレイしたはずなんですが、このあたりの記憶は消えちゃってました…。

まとめ

  • フルに機能を使えば20時間くらいでクリア
  • グラシャラボラス素材集めは計画的に
  • ラストダンジョンでも「バトル強化」なら特殊技は封印されない
  • オルガンは諦めないで!
  • ガーデン同士の戦闘は激アツ
  • 風神はいいやつ

本当に昔クリアしたとは思えないほど記憶が抜け落ちちゃって、
「ここそういうことだったのかぁ」
と発見できたことも多いです。

多分ですか、子供の頃に遊んだことはあまり深くは考えずに、ストーリーの中身よりかは戦闘自体やクリアすることに集中してしまい、ゲームとしての雰囲気のみが思い出として残っていたのだと思います。

でもこうやって同じゲームなのに、あたかも初めてプレイするかのような新鮮な気持ちでFF8をプレイできてとても良かったです。

それじゃあ、またなっ!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です