BraidをXbox以外で今から遊ぶ方法

こんにちは、木こりです。

本日はテレビ番組「勇者ああああ」のプレゼン企画でも紹介された「Braid」というゲームを遊ぶ方法について、紹介したいと思います。

勇者ああああ過去放送を見る方法(プレゼンをもう一度見たい)

2019年9月2日

ペンギンズのノブオさんが
「もっとたくさんの人に知ってほしい!」
ということでプレゼンをしていた作品ですが、そのプレゼンをするまで私は見たことも聞いたことがありませんでした。

でもそれもそのはず、このBraidはXbox360だけで発売されたソフトでしたので、Xbox360を持っていなかった私には縁がない作品です。
(個人的なイメージで言うと、任天堂の本体やプレステじゃなくてXbox360を持っている人は相当なゲーマーだと感じます…)

そして

  • ゲームオーバーという概念がない
  • 巻き戻しという斬新なシステム
  • 物語が大前提が崩れるほどのドンデン返し

もうここまで聞いたら遊ぶしかないですよね?(特に物語のラストがかなり気になります)

でも今更、本体から揃えるとなるとお金がかかりますので、今回はXbox360以外のプラットフォームでBraidを遊ぶ方法について解説いたします。

一番安いのはPS3

出典元:https://www.jp.playstation.com/software/title/jp0059npjb00073_00braid00000000001.html

このゲームは今から遊ぶとなると、最新ゲーム機のSwitchやPS4では遊ぶことは出来ないのですが、PCで遊ぶ手段は豊富です。

  • PS3(ダウンロード)
  • Windows PC
  • Mac PC (App)
  • Steam

現時点でザッと調べた感じだとPS3番が838円と一番安く販売されていましたので、もしPS3を持っているという方はそちらでダウンロードする方が一番お求め易い価格かと思います。(コントローラーの心配もしなくていいですし)

PCの動作確認は注意が必要

PS3の方が純粋にゲームを遊ぶには私にとってもぴったりな条件でした。

しかし実際のところ、私はブログにプレイ内容をいろいろと載せたかったので、PC版(私はMacなのでMac版)を選択しました。

そしてApp StoreでBraidを購入し、ダウンロードしていざ遊んでみようと思ったら下記のようなマークがアプリケーションについて、「Braidはアップデートの必要がある」とポップアップも出てきました。

残念な状態

この時の私のPCのOSは最新状態であり、動作環境的にもスペックを満たしていたはずですが、どうやらゲームは出来ない感じだったんですね。
それにデベロッパーに連絡しても無理みたいで。

そこでAppは諦めてSteam版をインストールしました。(もちろん同じMacです)

そしてSteamのインストールからアカウント作成、Braidの購入から全て行って、やっとプレイするかぁといったところで下記のような表示。

少し予想はできていたが保険はあったSteam版

どうやら、私の持っているMacと私の頭脳では遊ぶ状態に持っていくのが難しそうに感じたので、ここでプランBに変更。

Steamの優秀なところは、アカウントさえ持っていればWindows PCでも遊ぶことができるところ。

さっそく持っていたサブPC(Windows)でSteamをインストールして試したところ、無事に起動させることが出来ました。

これで何とかゲームをプレイする状態にまで辿り着けましたが、私のようにPCの知識がないのにも関わらず
「たぶん何とかなるだろう」
っていう軽い気持ちで始めて痛い目にあいそうな方は、大人しくPS3版を遊ぶのが確実だと思います。

ちなみにSteam版ではPS4のコントローラーが使えますので、
「ゲームパッドも揃えないとなぁ」
なんて考えている方もPS4やXbox以外にもSwitch Proのコントローラーまでサポートしているようですので、心配ありません。

まとめ

  • 価格と信頼性で言うとPS3がオススメ
  • 既にSteamで遊んでいる方やPCに詳しい方はPC版もアリ
  • Steamでも色々なコントローラーが使える

とりあえず、Braidを遊ぶ環境が整ったのでさっそく遊び始めたいと思います。

それじゃあ、またなっ!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です